最短5年間で免許を取得

看護師になるには、看護科の学校に通い、国家試験に合格して免許を取得しなければなりません。 看護師の資格を最短で取得したい場合、高校にある看護科入学があります。

高校の3年間で、看護の勉強をし、准看護師の免許を取得します。 そのあと、2年間、高校の専攻科、看護科の短大または、養成所で学んだあと、 国家試験を受験して合格すれば、最短5年間で免許を取得できます。 普通高校を卒業してからの最短で取得する場合は、看護科の短大へ3年か、看護師養成所へ3年間 通い、教育課程を修了し、看護師国家試験を受験します。

他にも、看護科の4年制大学で学んでからだと、看護師と、保健師の国家試験を 受けることが出来ます。 また、助産師の教育課程があるなら、助産師の試験も受けることが出来ます。


4年制大学の看護科での教育を推奨

日本看護協会は、4年制大学の看護科での教育を推奨していて、薬剤師などは、6年制、 医師も、臨床研修が必修化されて8年制になっています。 看護師も、4年制大学教育修了への改正が進んでいて、その理由には、高校の時に、 病院の実際の現場の実習などが辛く感じることが多く、退学する生徒がいたり、また、教育不足だと いわれていることからです。

また、実際、免許を取得して、就職しても離職が多いのも指摘されています。 今後の流れとして、4年制大学教育修了への改革は、進んでいき、看護師になるには それが必須条件となりそうです。 今の状況でも、最短でも5年は必要なのは確かです。