単純に人の為になるお仕事

日本では「白衣の天使」と連想されるお仕事があります。 それは看護師、カタカナでナースと呼ばれるお仕事です。 看護師とは医療に携わるプロフェッショナルである医者の仕事の補助をする役目と責任があり、 主に献血や血圧などの調査、患者の寝台の整えや患者の身の周りの基本的な世話などを行います。

看護師に対して発生する労働者の看護師になりたいという志望動機においては、 献身精神あふれる方が望んで看護師へとなりたいと願う故か、 ただ単純に人の為になるお仕事の一つとして医療があり、医者としてではなく医者の補助に回りたい、医者としては自身の能力は不足しているかもしれないと思い看護師へと志望する志望動機の類が発生しているとも言えます。


立ち仕事も多いので体力を必要

単純に言えば、日本での看護師の職業とは小さく今にも潰れそうな零細な個人病院を除けば基本的な給与は平均的か、それよりは上であり、比較的に安定した収益でもある点が魅力とされ、労働者が学生である時点でその利点などに目をつけ、看護学校などに通って看護師に必要な資格と経験の必修を経て、看護師となる為の試験に合格し看護師としてのお仕事に努めるなどのケース(志望動機)もあります。

日本に限った事ではありませんが、看護師とは医者の補助を重点としたお仕事なので患者の運搬などにも携わる事が多く、それでいて立ち仕事も多いので体力を必要とする仕事です。 日本では基本的に女性が看護師になるものとしてイメージされていましたが、最近では力仕事である事も広く認識され始め、男性の希望者も増えてきているなどの変化があります。